彫刻の森文化芸術財団

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団について

当財団は、「ひろく一般に彫刻芸術に接する機会を提供するとともに、彫刻芸術の振興普及をはかり、わが国芸術文化の向上発展に寄与すること」を目的に掲げ、昭和43(1968)年9月6日、財団法人彫刻の森美術館として発足いたしました。そして、彫刻の森美術館の開設における建設資金協賛社は国内企業173 社におよび、翌昭和44(1969)年8月1日、日本で初めての彫刻専門の野外美術館として開館いたしました。
財団の設立はフジテレビジョン、産経新聞社、ニッポン放送を中核とするフジサンケイグループによるもので、初代館長を務めた故鹿内信隆(1911-1990)は、開館の挨拶で、

「近代彫刻の優品が、多彩を誇る現代彫刻の数々が、箱根の山に集い、自然の美しさ猛々しさと溶け合い、対決するわけです。皆様方も箱根の風光を満喫しながら、彫刻と自然との対話に加わっていただきたいのです。そこにこそ、新しい造形の時代の、野外美術館でしか味わえぬ楽しさがあると申せましょう。
 …ゆくゆくは東西の彫刻界の架け橋、世界の彫刻家の理想郷に育てていきたいと存じます。…」

と述べています。
その後、昭和56(1981)年に長野県上田市に姉妹館・美ヶ原高原美術館を開設。作品収蔵では内外の近代彫刻の名品群に、英国が誇る彫刻家、ヘンリー・ムーアの作品や20世紀最大の芸術家、パブロ・ピカソのコレクションなどを加える一方、公募展や企画展を通じて作品収集を図ってまいりました。今後も美術館の維持運営をはじめとした後述する様々な業務を行って、当財団の目的を果たしていきたいと思います。
なお、平成24(2012)年4月1日、内閣総理大臣より認定を受けて公益財団法人に移行して現在に至っています。

財団の概要

名称 公益財団法人彫刻の森芸術文化財団
法人設立の年月日 昭和43年9月6日
平成24年4月1日
財団法人彫刻の森美術館 設立
公益財団法人彫刻の森芸術文化財団 認定移行
美術館(事業所) 彫刻の森美術館 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
tel:0460-82-1161
美ヶ原高原美術館 長野県上田市武石上本入美ヶ原高原
tel:0268-86-2331
東京事務所 東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京オフィスタワー4階
tel:03-5500-5930

設立趣旨

設立趣意書.pdf を開く

定款

定款.pdf を開く

役員名簿

役員名簿.pdf を開く

業務の紹介

お問い合わせ

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団に関するご質問等は、下記の担当までお問い合わせください。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団 事務局

〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平 1121
tel:0460-82-4250

よくあるご質問